MEMBER

ラシャトンの仲間たち
わたしたちがラシャトンの「猫のおすそわけ」活動をしています。

新井 ミホ

ラシャトン主宰。愛猫グリと暮らす大の猫好き。猫が好きすぎて、猫と猫好きの人のために何かしたい!とラシャトンを立ち上げようと思い立つ。自然と調和を大切にオーガニックな暮らしを提案するPR会社ラキャルプ代表。13年間一緒に連れ添った愛猫ミウくんが一昨年前に天使となり、悲しみに暮れていたとき捨て猫グリちゃんに出会い、新しい家族として迎える。明るく無邪気で人懐っこいグリちゃんはみんなの人気者。

メッセージ

添田 彩恵

PR会社ラキャルプ所属。代表 新井ミホの家族、ミウくんとグリちゃんに出会って猫の魅力に引き込まれた途端、自宅周りにいるノラ猫ちゃんたちが急に足にスリスリするようになり、より一層猫愛が増す。オフィスに出勤するグリちゃんと一緒に仕事できることが今の一番の幸せ。猫歴1.5年。

ラキャルプHP

Keiko

フリーランス・アートディレクター。
オーガニック商品等のブランディングデザインからパッケージデザインまで、心身からhappyになる商品のお手伝いをするのが大好き。仕事中もずっと愛猫タンゴと一緒の、幸せな日々を送っている。猫歴13年。

KEIKO AKATSUKA & ASSOCITATES

Gon

デザイン学校卒業後、2002年にドイツ・ベルリンに留学。
帰国後、ファッションブランドの販売、プレスを経て、現在はクリエイティブカンパニーWのPRセクションを担当。
高校生の時に拾った猫から猫好きになり、猫歴20年。
美人猫がタイプ♡

SUPPORTER

ラシャトンのサポーターたち
わたしたちがラシャトンの「猫のおすそわけ」活動を応援していきます。

イヴルルド 遙華

フォーチュン アドバイザー
前向きなアドバイスが口コミで広がり、モデルやヘアメイク、エディターなどの業界で絶大な支持を得る、いま話題のフォーチュンアドバイザー。西洋占星術、タロットをはじめ、人生の流れを24の節目で区切る「フォーチュンサイクル」など、幅広い占いを独学で研究する。 ELLE ONLINE(ハースト婦人画報社)や VoCE(講談社)に占いコンテンツを提供し、情報バラエティ「なないろ日和!」(テレビ東京)など、テレビ番組でも占いコーナーを担当。著書に『運命のフォーチュンAmulet』(小学館)など。東京・代官山に鑑定ルームをもつ。

ELLE ONLINE
VoCE
公式ブログ
公式ホームページ

安倍 佐和子

ビューティエディター/美容ジャーナリスト
化粧品会社、出版社勤務を経て独立。女性誌や美容誌で編集・執筆活動を続けるほか、広告、マーケティング、トークイベントなどなど幅広い分野で活躍。ホメオパスの資格を有し、フィトテラピーアドバイザーのスキルも。モード系メイクからサイエンス、ホリスティック系まで得意な分野は幅広い。著書に「安倍佐和子のMy BEAUTY Rules 人と比べない美人力の磨き方」(講談社)がある。猫との生活はトータル20年。現在はKIKIを溺愛中。

公式ブログ

渡邉 季穂

トータルビューティーサロン「uka」代表としてサロン経営、アーティストとしてのサロンワークや媒体での創作、後進の育成のためのセミナーや講師として活動し、ネイルケアならびに新しいスタイルの提案と独自のネイル技術の普及に努める。ネイルを単に指先のお洒落という概念からではなく、髪やファッションに気を遣うのと同じレベルで考えることをコンセプトに、一人一人の個性を活かし、その人のライフスタイルをも考慮した、ナチュラルかつシンプルなネイルをスタイルとする。その技術・経験・センスには定評があり、各界著名人やビューティー関係者からの信頼も厚い。代表としてブランドの立上げから製品開発までディレクションを手掛ける。

撮影で出会ったロシアンブルーに一目惚、以来、大の猫好きとして知られるように。今年1月、独立する弟子達のためにオープンした姉妹店「ウカ ミネット」は席数が1席のプライベートサロン。店名のミネットはフランス語で「子猫」「猫ちゃん」という意味で、店内の壁面にはパリを拠点に活動している画家の河原シンスケ氏による無邪気な子猫たちが描かれている。

公式ホームページ

小林 ひろ美

美容家/美・ファイン研究所主宰
納得の美容理論と簡単で効果的な美容法で幅広い年代の女性の支持を集める人気美容家。50代とは思えぬ美肌の持ち主として、雑誌やテレビを中心に活躍中。

「猫とは生まれた瞬間から生活を共にしています。現在もミー太郎、ルル、ラパさんの3頭に囲まれ、心とろける時間を大切に過ごしています♡どんなに疲れていても頑張れるのは彼らのお陰ですね!感謝感謝!美肌の秘訣はもしかすると猫との癒しの時間かも(笑)」

芳川 あずさ

モデル
19歳からモデルを始め、数多くの雑誌、カタログ、CMなどで活躍。 ロシアンブルーのロックとシンクを飼ってから、どっぷり猫の魅力にはまり、 スコティシュフォールドのジャスパー、ラピスを迎える。 その後、5歳のフレンチブルドックのフルを迎え(9歳で虹の橋へ)、 昨年には娘を出産し、大家族に。

私と猫との最初の出会いは、約17年前の高速道路のパーキングエリアでした。そこに、とても可愛らしく人懐こい野良の子猫?捨て猫?がいて、一度は通り過ぎたものの、どうしても気になり、引き返し連れ帰ったのが始まりでした。その時の私はペット不可のマンションで一人暮らしをしていたので、その子猫は猫好きの友人に引き取ってもらう事になりましたが、その子と過ごした数日間がどうしても忘れられず、後にロックとシンクを迎へ、猫の魅力にどっぷりはまって行ったのです。さらに、犬まで迎える多頭飼いファミリーになるとは、想像もしていませんでしたが、個性豊かな面々との生活は、大変ながらもなかなか愉快で充実したものとなっています。

長内 育子

雑誌エディター
出版社勤務。入社以来、女性誌や美容誌の編集に携わり、現在はアラフィー女性のための女性誌の副編集長。美容テーマを中心に、旅、グルメなどの特集を担当。

子どもの頃から、シェパードなどの大型犬と暮らしていた完全な犬派だったため、大人になってからも猫には縁がなかった。ところがあるとき突然「猫と暮らしたい!」と思い立ち、2014年の7月、初めての猫、アメリカンショートヘアの男の子・アランと家族になる。そこからどっぷり、愛猫生活へ突入。猫の美しさ、甘えっぷり、柔らかすぎる身のこなし、笑える行動など、すべてが愛おしく、毎日撮影してはSNSにアップする日々。やがてアランのインスタグラムは、今や世界中の猫好きの注目を集める人気アカウントに。「猫は、私の心を豊かにし、癒してくれます。そして、育てる喜びや、尽くす喜びを教えてくれました(笑)。毎日、愛と感謝の気持ちでいっぱいです」。

クレス 聖美

ドイツ在住獣医師
東京都出身。北海道大学獣医学部を卒業後、1979年渡独。
1982年より30年の間、ダルムシュタット市にドイツ人獣医師の夫と共に、一日平均80匹の患畜をケアするドイツ有数の小動物総合病院を経営。2012年からはメンターとして若い獣医師達の教育にあたっている。

日本でも、ドイツ自然療法に関する講演、セミナー、ワークショップを定期的に開催。2009年よりは東京の白金高輪動物病院にて二ヶ月毎に客員診療を行なっている。また震災後からボランティアとして、”猫の島”として知られる石巻の田代島を定期訪問している。

筋金入りの猫好きで猫歴は50年以上。常に数匹の猫たちと生活を共にしている。

西野 絵梨

大学卒業後、ファッション誌の編集職を経て、2004年よりポール&ジョー ボーテのPRに携わる。2012年よりパリの老舗パティスリー「ラデュレ」から誕生したコスメティックブランド「レ・メルヴェイユーズ ラデュレ」の PRマネージャーに。

子どもの頃から常に数匹の犬たちと一緒に暮らしていたので、元々は大の犬派。
ある日黒猫と暮らすことになって猫の可愛さを知り、すっかり虜に。

現在は毎日一緒にお風呂タイムを楽しみ、腕の中で寝る黒猫の「毛玉」と、常に後を付いて回る甘えん坊なブリティッシュショートヘアの「小麦」と暮らし、猫ライフを満喫している。

早坂 香須子

メイクアップアーティストとして国内外のモデル、女優から絶大な支持を得ている。元看護師としての経験や、アロマテラピー、植物療法を学んだ医学的知識と観点から、近年はホリスティック美容の専門家としてオーガニックプロダクトのコンサルタントとしても活躍中。2016年、ブランドディレクターをつとめるNEROLILA Botanica がシンシアガーデンからデビュー。

実家暮らしの時にも猫がいる生活でしたが、大人になり一人暮らしをはじめてからアメリカンショートヘアの女の子と14年暮らし、彼女に無償の愛を教えてもらいました。その後出会った保護猫のタオは現在実家で両親の愛を一身に受け、のびのび成長中。

公式ホームページ

来栖あつこ

タレント/PR。10代の頃からタレント活動をしながら、ファッションPRを経て現在はオーガニックフードやコスメを取り扱うPRを担当。

将来は絶対に猫と暮らす生活を!と心に決めて、ロシアンブルーのモモジロウに出会ったのが1998年。続いて、2007年には同じロシアンブルーのネネをお迎え。どんな時も自分らしいペースで過ごす2匹から沢山のことを学ぶ日々。

猫って、あんな小さな身体からすっごく幸せをくれるから不思議。10年以上経っても毎日会いたくて、離れている時間が長くなると早く帰りたいって思うんです。昨年、18年の大往生の末モモジロウは天に旅立ち、現在はネネと女子2人暮らし中。ほぼ毎日「おはにゃん」から始まるインスタグラムならぬにゃんスタグラムを更新しています。

公式ホームページ

佐藤 香菜

オーガニックフード&コスメセレクトショップ「ビープル バイ コスメキッチン」ディレクター。

コスメキッチン店長などを経て2013年に食品を取り扱う新業態としてビープルを立ち上げる。店舗の全体ディレクションと共に、ビープル主催の新商品発表会ビープルフェスを年2回開催。ファッション、料理、アートと幅広い趣味を持つ。海外オーガニック事情のリサーチがライフワーク。

ふわふわと羽のように軽いチンチラシルバーに初めて出会ったとき、この子がうちの子にならなかったら困る!と即決で家族として迎え入れた。シェリーと名付けた愛猫は先に飼っていた大型インコと共存することになり、絶妙な距離感で毎日を過ごす。

性格は究極のツンデレ。運動神経は鈍めで高いところは苦手でリビングを走り回るときのみ猫の本能のカケラを見せる。好きな場所はベランダ。とても大人しく空気のような存在感でありながら、大きな目で世界を悟る。

愛猫シェリーはインスタグラムに時々登場。

ラシャトン代表 新井ミホのメッセージ
私と猫と暮らし。

私は長年の猫との暮らしの延長上に、ラシャトンというブランドをつくることにしました。

ある日、私は猫を適じて何かできないか?と考えるようになりました。 私は、猫と暮らすことで「幸せ」を手にすることができました。 毎日仕事でくたくたになって帰った夜も猫と触れ合うとなんだか元気になるし、気持ちが穏やかになリました。それはとても不思議なことでした。

いまでは、心地よく豊かな暮らしをするために、私は猫と暮らしています。 猫と暮らすことができない人にも、「ネコ(幸せ)のおすそわけ」することができたらいいなと思っています。 そのために何をしたらいいのかな?ということをラシャトンの仲間たちと一緒に考えて、 行動して、カタチにしていきたいと思っています。

ラシャトンの仲間は、猫を通じて自然と集まリました。そこには、差別も偏見も競争もありません。その先には平和があります。 そして、ラシャトンの仲間になるには、小さなでも大切なルールがあリます。 なんだかとっても猫が好きで、「ネコ(幸せ)のおすそわけ」をしたいという気持ちがあること。

ラシャトンの活動を通じて、私たちはたくさんの人や猫に出会うことになると思います。 それが今から楽しみでなリません。 どうかラシャトンの活動を応援してください、協力してもらえたらとてもうれしいです。

私たちは、「ネコ(幸せ)のおすそわけ」活動を頑張リたいと思ます。 幸せのバトンをつなぐことができるように、日本の平和を世界の平和を願って活動していきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。